婦人

製パンの道に進みたいなら専門学校へ|きれいな実習室・教室で学ぼう

コーヒー好きなら

ウェイトレス

現在は資格取得ブームといわれるほど、資格取得を目指す人が増えてきています。その背景としては、企業などが実力のある人達を採用するようになったから、という点があります。もちろん、職業のなかには資格を取得しないとその仕事をすることができないものもありますが、そうではない職業もあります。しかし、今はそういった職業でもライセンスや資格を持っているかどうかを重要視する傾向があります。

それはカフェなどにおいても同じです。一度淹れ方を覚えればコーヒーをお客さんに出すことは可能ですが、より美味しいコーヒーを作るためには専門的な知識や技術を身につけておくことが必要です。そのため、近年はカフェで働いている人や、これからカフェを経営したいと考えている人のなかには、コーヒーに関する資格を取得する人もいます。では、そのコーヒーに関する資格とはなんなのでしょう。

その例として、バリスタというライセンスがあります。バリスタとはコーヒーのソムリエのような資格のことで、テイスティングやコーヒーに関する知識などに長けた人だけが認定される資格のことです。日本にはほかの職業の国家試験のようにバリスタの国家資格があるわけではないのですが、日本バリスタ協会というところがこうして独自にライセンスを発行しています。このライセンスが取得できれば、コーヒーに関する知識を兼ね備えたスペシャリストという風に認められます。

こうしたバリスタのライセンスは、日本バリスタ協会が認めた専門学校を卒業することでしか受けることができません。そのため、ライセンスの取得を目指すなら、こうした認定の専門学校を探す必要があります。専門学校では、コーヒー豆やコーヒーの淹れ方に関する知識やドリップの仕方など美味しいコーヒーを淹れるために必要な専門的知識を身につけることができるため、本格的にバリスタを目指したい人はこうした学校に通ってみてはいかがでしょう。