婦人

製パンの道に進みたいなら専門学校へ|きれいな実習室・教室で学ぼう

バリスタを目指す

バリスタ

コーヒーに関する知識や高い技術を持っているバリスタ。このバリスタになるためには、大きく分けて2つの方法があります。まず1つめは、カフェなどでアルバイトとして働くという方法です。コーヒーについての知識やコーヒーを淹れるスキルがある人のことをバリスタと呼ぶのですが、今現在はそうしたバリスタの国家資格などがあるわけではありませんそのため、バリスタは周りから認められることでなれるものだともいえます。そんなバリスタの技術は、カフェでの勤務などで知識や技術を身につけていくことも方法としては可能です。カフェによってさまざまですが、なかにはきちんとしたバリスタになるために研修などを用意しているところもあるようです。こうしたところなら本格的にバリスタを目指すことができます。

このようにして、どこかのカフェで働きながらバリスタを目指すという人もいますが、なかには働きながらではなくもっとしっかりと専門的な知識を身につけたいという人もいるでしょう。そのような人は、専門学校に通うのがおすすめです。日本にある専門学校は実にさまざまで、美容系のものから医療系のものまでさまざまなものがあります。もちろん飲食系の専門学校もあり、そういった学校にはバリスタに必要な知識を学ぶことができる専門学校もあります。さきほど上記でバリスタには国家資格のような資格がないといいましたが、だからといって何もライセンスがないわけではありません。日本バリスタ協会という協会が発行しているライセンスがあります。現在は、こうしたライセンスを持つことでバリスタとしての実力が備わっているかどうか判断されており、こうしたライセンスを取得するための第一歩として、日本バリスタ協会が認定した専門学校を卒業する必要があります。